クロスプラットフォームを調べてた。


iOS,Androidのクロスプラットフォームについて調べて見ました。結局どれを選べばいいかが難しいほど数が出て困ってる次第です。

共通して言えるのは、

・各OSの尖った部分の実装については独自で実装しないといけないらしい。(例:加速度計とか?カメラとかかな?

・開発環境が不安定、重い可能性が有る。(今しょぼい環境でやってるので避けたいなぁ・・・)

結局、自分の状態で目に入ったのはcocos2d-x。ゲームのプラットフォームだけど、ゲーム以外でも問題はない雰囲気。

xcodeを使うらしいのでそれほどPCのリソースを必要としなさそう(iOSに関しては)。現状のXcodeのソースを変換するのも楽に済みそう。ただ、Eclipceの重さは怖いかも・・・。

どちらにせよ、ソースを共通化しても、Androidのハード環境の違いによって引き起こされる諸々の問題と戦う必要があるのは避けられないはず。

この部分差が、個人開発者にとってのとっつきやすさの差を産んで、iOSで独自性の高いアプリが生まれている原因だと思っています。(Androidにあんまり手をつけてないから偏見の可能性が高いですが。)

なので、cocos2d-xでiOS版を作成、リリースしてその成果によりAndroid版の作成の可否を決定していく、というのが個人開発者のベストな選択肢な気がしてきました。

もうちょっと調査は進めてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です